③MT4を使ってみる(デモトレード)

MT4をダウンロードしたら、次はデモ口座を開設します。
こちらからどうぞ。デモ口座を開設する(新しいタブで開きます)

デモ口座は無料で開設することができ、リアルトレードと同じ環境でデモトレードをすることができます。

各項目に記入し、デモ口座開設ボタンを押すと
XMTradingでのデモ口座開設、おめでとうございます。 とでますので、
記入したメールアドレスを確認しましょう。
届いたメールを開き、
 Eメールアドレスをご確認下さい。の部分をクリックします。

そうしますと、もう一通メールが届きますのでMT4のIDと、サーバー(この場合DEMO 3)をメモしてください。

MT4を開き、(MT4のダウンロードはこちら)
ログインID(メールで送られてきたMT4のID)
パスワード(デモ口座申請時に入力したパスワード)
サーバー(この場合はXMTrading-Demo 3)を選択し、ログインボタンを押します。

これでMT4のデモ口座が使えるようになったかと思います。

ただし、このままでは使いにくいので設定を変えていきます。
4通貨ペア分のチャートがバーチャートとろうそく足で、また、別々のインジケーターを適用した状態で表示されていますので非常に統一感がありません。

まず最初にやることは、左上のチャート以外一旦消すことです。
各チャート右上の×ボタンを押して消してください。
ついでに、左下のナビゲーターウインドウも消してしまいましょう。

以下、お好みでどうぞ。
・チャート右端を開けたい場合はこのボタンをクリックします。

・見辛いのでグリッドを消します。チャート上で右クリック→グリッド
・移動平均線も差し当たり必要ないので消します。右クリック→表示中のインジケーター→Moving Average→削除
・チャートの色を変えたいので変更します。右クリック→プロパティ→色の設定
・Askラインを表示させたいので追加します。右クリック→プロパティ→全般→Askのラインを表示にチェック

・お好みの設定が完了したら、設定を保存します。右クリック→定型チャート→定型として保存
この時にファイル名を default.tpl として保存することで、新しく開くチャートが好みのものになります!

次に、表示する通貨ペアを追加していきます。
気配値表示ウインドウにある追加する通貨ペア上で、右クリック→チャート表示もしくは、
ファイル→新規チャート→追加する通貨ペアを選択します。
ひとまずは、
・EURUSD(ユーロ/ドル)
・GBPUSD(ポンド/ドル)
・AUDUSD(オージー/ドル)
・USDJPY(ドル/円)
・EURJPY(ユーロ/円)
・GBPJPY(ポンド/円)
・AUDJPY(オージー/円)
・EURGBP(ユーロ/ポンド)
・EURAUD(ユーロ/オージー)
あたりを追加すれば通貨間の相関関係もほぼ監視できるかと思います。

MT4を使ったデモトレードで色々試してみてください。
勝っても負けてもデモトレードです。
操作をミスしても、大きすぎるロットを持ってしまってもデモトレードです。安心してください。

インジケーターも、移動平均線を使ってみたりRSIを使ってみたりと思う存分試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました